ハムスターのごはん

ハムスター用の各メーカーのペレット紹介

moco-food-004
ハムスター用の餌としてバランスの良いペレット。
様々なメーカーからたくさんの種類が出ています。
ここでは、もこすけが食べていたペレットを紹介。

もこすけが食べた各メーカーのペレットを紹介

ペレットはたくさん種類がありすぎてわからない!

ペレットにも様々な種類がありますよね。
それ以前に、私はペレットの存在なんてさっぱりわかりませんでした。

ペレットって何?という方はこちら

ペットショップのTさんが初心者であるぼくにすすめてくれたのは、ニッパイのハムスターフード。いわゆるデカペレです。大袋にたっぷり入っていて、開けてみる大きなペレットがごつごつ入っています。

もこすけはこれが大好き。
もこすけとはじめて出逢ったときも、これを美味しそうにかじっていました。

しかし、実際に売り場に行くと本当にたくさんのペレットが置いてあって、どれを選べば良いのかわかりません。
参考までに、「こういったものは選ばないようにしたい」という記事を書きましたので、消去法でいく方はぜひご覧ください。

与えて良いペレットと与えてはいけないペレット

完璧なペレットはない

ペレットには多くの種類があり、種類によって良いところがそれぞれ違います。
また、ハムスターにも好きなペレット、苦手なペレットがあるようです。

つまり、完璧なペレットはないし、これが絶対というペレットもありません。

だからこそ子育て?は楽しいんですよね。
おうちのハムスターとお話しながら、どのペレットが好きかな、どのペレットが良いかな、というのを見つけてあげてくださいね。

それでは、我が家のもこすけくんにあげていたハムスター用ペレットを紹介します。

あくまで、もこの状況や好みによる飼い主目線の記述なので、参考程度に見ていただけたら幸いです。

 もこすけが食べていた各メーカーのペレットの特徴紹介

ニッパイ「ハムスターフード・ハードタイプ」(ピンク色の袋)

メーカー:日本配合飼料

通称デカペレと呼ばれることも多いです。
実験動物用として公式に使用されているお墨付きのペレットで、昔から支持されています。非常にバランスが良く栄養配分されています。
moco-food-004d
【良い点】
☆非常に固い…ハムスターの歯は伸び続けるため、固いものを噛んで矯正しています。
そのため、このハムスターフードの固さは歯を削るのに最適。
ストレスの解消にもなると思います。
☆栄養成分のバランスが良く平均的なので安心して与えられます。
☆国産です。

【注意点】
☆非常に固い・・・メリットでもあり、デメリットでもあります。歯が弱っていたり、高齢や赤ちゃんハムスターには食べづらいかも。
☆大きいので食べにくい・・・もこはこの大きさが食べ応えがあって好きだったみたいです。

 

moco-food-004e

【デカペレの特徴】
かたさ…非常にかたい
歯の矯正に良いかたさのハードタイプペレット
糞尿の臭いを軽減する植物エキスを配合
栄養バランスの良いプレーンタイプ
アルファルファ・ビール酵母・乳酸菌・枯草菌配合
国産フード。

【デカペレの原材料】
小麦粉、とうもろこし、脱脂大豆、フィッシュミール、ふすま、脱脂糠、アルファルファ、ビール酵母、食塩、ビタミン類(A、D3、E、K、B1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン)、ミネラル類(カルシウム、リン、鉄、亜鉛、マンガン、銅、コバルト、ヨウ素)、オリゴ糖、ユッカ抽出物、乳酸菌、枯草菌、酵素など

【デカペレの栄養成分】

粗たんぱく質23.0%以上
粗脂肪3.0%以上
粗繊維5.0%以下
粗灰分8.0%以下
水分10.0%以下

 

 

 

イースター「ハムスターセレクション」(銀色の袋)

通称ハムセレと呼ぶ人も多いです。多くの飼育者から支持を集めているペレットです。

moco-food-004b

【良い点】
☆粒が小さいのでジャンガリアンも食べやすいです。
☆体力促進に長けて、栄養価に優れています。

【注意点】
☆脂質6%とカロリーが高めなので、他のえさのとの組み合わせに注意。
☆糖質も60%を越えているので、やや負担をかけます。
☆好き嫌いが分かれるようです。(ネットの口コミ)

moco-food-004c

【ハムセレの特徴】
かたさ…かたい
アガリクス・ブラゼイ・ムリル配合
初乳成分であるヌクレオチドを配合
高齢期の体力維持。
おしっこにも配慮してたんぽぽ・オオバコ粉末を配合。
ビール酵母配合

【ハムセレの原材料】
穀類(とうもろこし、小麦粉)、糟糠類(大麦糠、米糠、小麦ふすま)、その他(アルファルファミール、ビール酵母、たんぽぽ粉末、おおばこ粉末、酵母エキス(ヌクレオチド)、殺菌処理乳酸菌)、肉類(チキンミール)、魚介類(フィッシュミール)、乳類(チーズパウダー)、藻類(ケルプミール)、きのこ類(アガリクス)、糖類(オリゴ糖)、ミネラル類(未焼成卵殻カルシウム、食塩、硫酸亜鉛、硫酸銅、ヨウ素酸カルシウム)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D3、E、K、塩化コリン、D-パントテン酸カルシウム、ニコチン酸など

【ハムセレの栄養成分】

粗たんぱく質16.0%以上
粗脂肪6.0%以上
粗繊維6.0%以下
粗灰分7.0%以下
水分10.0%以下
カルシウム0.7%以上
リン0.5%以上

【ハムセレの感想】
もこはハムスターセレクションをかなり好んで食べていました。
粒が小さいことで、他のごはんとの組み合わせによって量を調整しやすいので、利用しやすいペレットです。
正直に言えば、健康エキス配合は人間に例えても効くか効かないかはわかりません。合わない子もいると思うので、そこは気にしなくて良いと思います。
一家に一袋ハムセレ。

 

 

■ニッパイ「ハムスターフードヘルシープレミアム」(赤い袋)

日本配合飼料
もこすけがわりと好んで残さず食べていたペレットです。ハムスターフードやハムスターセレクションには入っていない栄養素に注目して購入しました。ペレットの中ではかたくなく食べやすいですが、これだけだと歯の矯正には向いていません。

 

moco-food-004f

【ハムスターフード ヘルシープレミアムの特徴】
かたさ…非常にやわらかい
食物繊維・ビール酵母のパワーでお腹の調子を整えます。
DHA・ウコン・EPA配合で健康維持。
乳酸菌・枯草菌配合。
優れた栄養バランスで健康な皮膚と輝く毛づやを保ちます。
国産です。

moco-food-004g

 

【ハムスターフード ヘルシープレミアムの原材料】
とうもろこし、脱脂大豆、粟糠、小麦粉、ふすま、牛脂、脱脂粉乳、はちみつ、ビール酵母、DHA、ウコン、ビタミン類(A、D3、E、B2、K3、B6、B1、B12、ナイアシン、パントテン酸、コリン、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カルシウム、亜鉛、マンガン、銅、コバルト、ヨウ素)、アミノ酸類(リジン、メチオニン)、オリゴ糖、ユッカ抽出物、乳酸菌、枯草菌、酵素など

ハムスターフード ヘルシープレミアムの栄養成分
粗タンパク質・・・18.0%以上
粗脂肪・・・4.0%以上
粗繊維・・・12.0%以下
粗灰分・・・8.0%以下
水分・・・10.0%以下

 

■ニッパイ「ハムスターフードヘルシープレミアム・ハード」(緑の袋)

デカペレをそのままのかたさでそのまま小さくしたようなペレットです。もこすけはあまり好んで食べませんでした。同じニッパイでも、また違った健康要素が入っています。

 

moco-food-004h

 

【ハムスターフード ヘルシープレミアム ハードの特徴】
国産クロレラ配合で健やかな生活をサポート
ビール酵母の働きにより消化吸収を助け、お腹の調子に配慮。
低カロリー高繊維で肥満に配慮し健康なカラダを維持。
粟糠・ふすま・葉酸配合。
国産。

 

moco-food-004i

 

【ハムスターフード ヘルシープレミアム ハードの原材料】
小麦粉、とうもろこし、脱脂大豆、粟糠、ふすま、ホワイトフィッシュミール、ピートパルプ、ビール酵母、クロレラ、乳酸菌、植物抽出エキス、ビタミン(A、B1、B2、B6、B12、D、E、K)、葉酸、パントテン酸、ナイアシン、コリン、ビオチン、リジン、メチオニン、鉄、銅、コバルト、亜鉛、ヨウ素、マンガン、塩化ナトリウム

ハムスターフード ヘルシープレミアム ハードの栄養成分
粗タンパク質・・・19.5%以上22.5%以下
粗脂肪・・・3.5%以上5.5%以下
粗繊維・・・4.5%以上7.5%以下
粗灰分・・・6.0%以上8.0%以下
水分・・・10.0%以下

 

■ニッパイのハムスターフード・スペシャル・ソフトタイプ(白い袋)

赤ちゃんハムスターや高齢のおじいちゃん、おばあちゃんハムスターに向いているやわらかいペレットです。
もこの将来を思って、少しずつたまにあげていましたが、食べませんでした。(笑)
ぼく、まだこんな歳じゃないよ!って。

 

moco-food-004j

【ハムスターフード スペシャル ソフトタイプの特徴】
子供のハムスターも喜んで食べるソフトタイプ
糞尿の臭いを軽減する植物エキスを配合
健康維持に必要な栄養素をバランスよく配合

 

moco-food-004k

 

【ハムスターフード スペシャル ソフトタイプの原材料】

小麦粉、とうもろこし、脱脂大豆、フィッシュミール、ふすま、脱脂糠、アルファルファ、ビール酵母、食塩、ビタミン類(A、D3、E、K、B1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン)、ミネラル類(カルシウム、リン、鉄、亜鉛、マンガン、銅、コバルト、ヨウ素)、オリゴ糖、ユッカ抽出物、乳酸菌、枯草菌、酵素など

ハムスターフード スペシャル ソフトタイプの栄養成分
粗たんぱく質・・・23.0%以上
粗脂肪・・・4.0%以上
粗繊維・・・5.0%以下
粗灰分・・・8.0%以下
水分・・・10.0%以下

 

他の気になるペレット

■イースター「ハムスターセレクション・プロ」

脂肪質の高いハムスターセレクションの低脂質版です。

■三晃商会「ハムスタープラス・ダイエットメンテナンス」

【ハムスタープラス・ダイエットメンテナンスの特徴】
低脂肪の粗食をメインとしたペレットです。
肥満傾向のハムスターに配慮した、低カロリーの総合バランス栄養食
タンポポ・オオバコ配合

【ハムスタープラス・ダイエットメンテナンスの原材料】
とうもろこし、小麦、大麦、アワ、ヒエ、米糠、アルファルファミール、フィッシュミール、鶏肉、チーズパウダー、ビール酵母、タンポポ粉末、オオバコ粉末、小松菜、ニンジン、プロポリス、アミノ酸等、各種ビタミン・ミネラル、オリゴ糖など

【ハムスタープラス・ダイエットメンテナンスの栄養成分】
粗タンパク質・・・18.0%以上
粗脂肪・・・5.0%以上
粗繊維・・・6.5%以下
粗灰分・・・7.0%以下
水分・・・10.0%以下
カルシウム・・・0.6%以上

■三晃商会「ハムスタープラス・ダイエットライト」

【ハムスタープラス・ダイエットライトの特徴】
肥満傾向のハムスターに配慮した、低カロリーの総合バランス栄養食
良質穀物ベース
プロポリス・L-カルニチン配合
タンポポ・オオバコ配合

【ハムスタープラス・ダイエットライトの原材料】
米粉、小麦粉、グルテンフィード、大麦糠、小麦ふすま、アルファルファミール、チキンミール、小麦脱脂糠、チーズパウダー、粟粉末、稗粉末、ビール酵母、ケルプミール、植物抽出発酵エキス、ニンジン粉末、小松菜粉末、タンポポ粉末、オオバコ粉末、オリゴ糖、プロポリス、L-カルニチン、ミネラル類(炭酸カルシウム、卵殻カルシウム、食塩、硫酸亜鉛、硫酸銅、ヨウ素酸カルシウム)、アミノ酸類(DL-メチオニン)、ビタミン類など

【ハムスタープラス・ダイエットライトの栄養成分】
粗たんぱく質・・・16.0%以上
粗脂肪・・・3.0%以上
粗繊維・・・7.0%以下
粗灰分・・・9.0%以下
水分・・・10.0%以下

 

これはダメ!こんなペレットは要注意

主食やペレットと言っても、いかにも人間のお子様が見た目だけで楽しそうな餌も売られています。
おやつとしてはたまにあげるのは良いのですが、自然な色をしていなかったり、着色素材を何かしらの方法で使用していたり、糖分が多かったりと、あまり好ましくないペレットが売られているのも現実です。

ぜひ、ハムスターにとって健康に良いペレットが何であるか、熟考してみてください。
もし自分の子どもだったら、赤青緑のおいしそうなお菓子を主食としてあげますか?楽しそうなんですけれどね。

そんなことも考えながら、ペレットを並べて比べてみるのもいいですね。

 

いかがでしたか?
とても長い記事にお付き合いいただきありがとうございます。

結局のところ、ハムちゃんの好みもありますから、これを食べなきゃダメ!というスタンスではなく、少しずつハムちゃんに合ったペレットを見つけてあげてくださいね!

 

[kad_youtube url=”https://youtu.be/EcpQrGKlGY0″ width=600 height=350 ]

 

読んでいただきありがとうございます! ブログランキングの応援クリックをどうかお願いいたします。 にほんブログ村 ハムスターブログへ にほんブログ村
ゴールデンハムスターのLINEスタンプ販売
ハムスターのLINEスタンプ